斎藤研究室に入室希望者のみなさんへ

To everyone who are in considering to enter our laboratory

 

斎藤研究室では、最先端セラミックス材料科学分野で自己研鑽を望むみなさんの入室を期待しています。本研究室の特徴は次のとおりです。

@     最新の解析設備を利用して国、県、企業との基礎から応用まで幅広い研究プロジェクトを行うことができます。

A     国内学会発表、国際会議発表の機会を幅広く設けています。

B     企業研究員が常駐していて、企業の研究を間近に見ることができます。

C     化学・材料専門の教室員はもちろん、もともと電気・電子・機械・生物出身の教室員もたくさんいます。

D     効率のよい研究の仕方を学べますので、実は普通以上に遊ぶ機会があります。年数回にもおよぶ研究室旅行、月に2〜3回ある飲み会など、楽しみも盛りだくさんです。

E     研究室にて企業プロジェクトを手伝いながらアルバイトすることもできます。

 

本研究室に入室するにはいくつかの方法があります。

1.学部4年次の講座配属を経る方法

2.大学院に入学して配属される方法(高専専攻科、AOTSあるいは一般入学、化学以外の学科もOK。事前に相談してください)

3.ポスドクとして入室する方法(ポスドクについては、相談して下さい。タイミングによって採用することができます)

 

本学に入学する手段

1.普通高校→ 推薦入試(例年11月)、センター試験+個別学力試験

2.専門高校→ 推薦入試(例年11月)、センター試験+個別学力試験

3.高専等(物質・材料系)→ 推薦入試(例年6月)、一般入試

4.高専等(電気、機械、生物、建設、情報など)→ 推薦入試(例年6月)、一般入試(電気、機械などこれまでの専門の科目で材料開発工学課程の入試に代えることができます)

5.高専専攻科 → 専攻科特別選抜(電気、機械、生物など専門に関係なく材料開発工学専攻の受験ができます)、一般入試

6.他大学 → 一般入試

7. 

平成15年度講座紹介資料

 

Our laboratory welcomes parsons who want to devote yourself to your skill in forefront in the field of ceramic materials science. Our laboratory provides you following benefit:

1.      You can precede your project with government, prefecture office and company using new analytic apparatus.

2.      You can join domestic and international conferences.

3.      You can have a chance to watch the research of company.

4.      You can join with parsons who own research fields such as chemistry, material sciences, electric&electronics, mechanics.

5.      You can have times to enjoy trips and parties.

6.      You can have a job in our laboratory.

 

How to enter our laboratory

1.As an undergraduate of department of chemistry of Nagaoka University of Technology, you can select our laboratory in April.

2.As a graduate student of our university, you can select our laboratory when you enter to our university by AOTS and general admissions. Contact to Prof. Saitoh for more detail. We welcome foreign students.

3.As a post doctor, contact to Prof. Saitoh if you would like to join us.