水難の分類と生命を維持するための動作

 

一般社団法人 水難学会

 

水難学会では、水難を次のように分類しています。

 

タイプ    事故直前の位置   事故のきっかけ   溺死の主たるきっかけ

Ia         水上                 自発的移動        落水

Ib            水上                 水の流れ                   落水

Ic               水上                水の往復運動            転倒

IIa               水中                 自発的移動        沈水

IIb               水中                 水の流れ                   沈水

IIc               水中                水の往復運動            転倒

 

 

水難例

Ia 防波堤の上で釣りをしていて、堤の端に移動して海面を覗いたら、海面に落ちた。

Ib 防波堤の上で釣りをしていて、堤外から波がきて、流されるままに堤内の海面に落ちた。

Ic 波打ち際で遊んでいたら大きな波が来て、転倒し、座って顔がでるほどの深さなのに水没した。

IIa ため池で腰くらいまで水に浸かり歩いていた(ウエイディング)ら、背の届かない急な深みにはまって水没した。

IIb 川に入りウエイディングをしていたら、流れに流されて、背の届かない深みに持っていかれ、水没した。

IIc 岩場で腰くらいまで水に浸かり貝取りをしていたら、波が来て転倒し、腰くらいまでの深さなのに水没した。

 

 

生命を維持するための動作

Ia 落水後ただちに力を抜いて背浮き          ビデオはこちら  

Ib 落水後ただちに力を抜いて背浮き             同上

Ic 立ち上がり方                                    ビデオはこちら

IIa 回復動作                       ビデオはこちら ら2 ら3 ら4

IIb 回復動作                       ビデオはこちら ら2 ら3 

IIc 体の回転から背浮き                               ビデオはこちら(準備中)